~新人研修3日目~

  • 2015年04月03日

4月3日、午前中は、介護保険制度と認知症について学びました。
知らない言葉が多く、難しい内容の講義が続きましたが、メモをしっかりと取り、集中して課題に取り組みました。

認知症の高齢者は身近にたくさんいらっしゃいます。
その方々の病気を理解して正しいケアができるよう学びました。

4月3日(1)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて、食事介助の講義を受けました。

この講義ではペアになり、実際に食事介助の演習を行いました。

食事は一日の生活の中で一番楽しみな時間であるとともに、誤嚥等のリスクも伴います。

間違った介助法、正しい介助法をそれぞれ体験しました。

4月3日(2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このことをしっかりと理解した上で、安全に、美味しく、そして楽しく食事をする大切さを知り、現場で活かせる技術を身につけました。

4月3日(3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午後一番は先輩からのエールです。

円座になり、先輩職員からこれまでの仕事での経験談や思いを伝えました。

新人職員からは、不安に思っていること、今までに一番ひやっとしたこと、仕事のやりがいは、などたくさんの質問が出ました。

4月3日(4)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日最後は、介護技術テストです。

このテストに向け、夜遅くまで練習をしてきました。

グループで協力して全員合格を目指します。

テストの結果は明日、お伝えしたいと思います。

4月3日(5)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新人研修担当 原享裕