第34回全日本トライアスロン皆生大会 出場!!

  • 2014年07月20日

7月20日(日)第34回全日本トライアスロン皆生大会が、開催されました。

鉄人レースといわれる、このトライアスロン!!

米子ヘルスケアつつじの職員「河崎祐介」さんが、出場しました~。(拍手~!!)

1

皆生プレイパーク海岸を、午前7時にスタートし、SWIMの3キロから始まりました。SWIMは、海岸スタート後、皆生温泉街沖の日本海岸を並行して泳ぎ、折り返し地点でいったん砂浜によって通過チェックを受けてから、再び入水してゴールを目指します。日翔会カメラマンも、スタートより、河崎さんを追っかけ、追っかけ、追っかけましたぁ~!!

2

続いて、BIKE(145キロ)!!
米子市と西伯郡4町村を回るコースで、前半は、比較的フラットですが、後半は国立公園・大山山ろくの道路を走ります。標高差400メートルで、アップダウンが激しく、通称「ジェットコースターの坂」と言われ、皆生大会の名物にもなっています。
日々、練習を重ねた河崎さん☆
中山で待つ、家族の応援団のもとへ、まっしぐらに走ります。

3

そして、家族の大応援団&日翔会カメラマンに手を振り、走り続けます!

5

続いて、最終RUN(42.195キロ)
RUNは、境港を折り返す、フルマラソン!!。BIKEコースと違って、こちらは、標高差ゼロ。
ただし、1か所横断陸橋があり…唯一のアップダウンの場所ですが…疲れた足には、かなりこたえます。
しかし、そんな疲れた様子を見せず、各コースで待つ、つつじ応援団に、河崎さん☆笑顔でハイタッチ~!!
6
米原付近通過!
残り3キロ、ゴールの「どらどらパーク米子陸上競技場」を目指し、快走します♪

1405850231874

河崎さん♪ ゴーーーーーーール!!!! 
みごとーー!! 完走で----す!!
皆生大会は、初出場でしたが、ゴール後のインタビューでは、「プレッシャーに負けそうになりましたが、完走きて良かったです」と、完走の喜びを話してくれました。本当に、おめでとうございます!!
おまけ2

最後に…おまけ…。
つつじ応援団の紹介です。ちょっと…年齢層が高いですが…、手作りの横断幕で頑張りました~♪
応援団として、皆生トライアスロン初参加☆
河崎さんや他の選手の方がの頑張る姿に、とても感動し、いいパワーを頂きました。
皆生トライアスロンへ参加の選手の皆様&ボランティアの皆様、お疲れ様でした。
来年も、とても楽しみで~す。

 

事業所名:米子ヘルスケアつつじ 若槻敦子