華つばき「倉吉市総合防災訓練」

  • 2019年11月17日

11月17日(日)倉吉市総合防災訓練に、地域の福祉施設として職員8名、お客様8名で参加しました。

 

午前9時、鳥取県中部を震源とするマグニチュード6.8の地震が発生し、倉吉市内で最大震度6強を観測。大規模な災害を想定とした訓練でした。

防災行政無線での地震の発生を合図に、華つばきの地震想定訓練が開始となります。

揺れから身を守り、揺れが収まるとお客様や職員に怪我ないか確認します。

 

建物が一部破損して、施設にいるのは危険と判断し、上長に指示をもらい、応援を依頼しました。

近隣の小鴨小学校が一時避難先となるため、お客様に一旦外に避難して頂きます。

地域の役員さんが、応援に来てくださいました。

小鴨小学校に一時避難し、訓練終了です。

小鴨小学校の体育館では、防災グッズや伝言ダイヤル等の紹介がありました。

ダンボールで作った簡易ベッド

ダンボールで作った簡易トイレ

炊き出しの訓練も行われていました。

訓練に参加させていただき、反省点も活かしながら、今後も防災意識を高めて参ります。

小規模多機能ホーム華つばき 御古 小百合