米子ヘルスケアつつじ 認知症サポーター養成講座

  • 2019年09月24日

9月24日(金)施設内研修では、認知症の人と家族の会鳥取県支部

吉野靖子様を講師にお招きし、認知症サポーター養成講座を開催しました。

☆講義のテーマは…☆

「呆けても心は生きている きいて心の声を~そのままの私を理解して~」

です。講義では、現在の高齢者の増加状況や認知症の原因疾患、代表的

な認知症の種類・症状、行動心理や不安や苦しい思い・対応の仕方

(接し方や言葉遣い)など、とてもたくさんの事を学びました。

研修の中で、「出来ないと決めつけて、やらせないのはダメなこと。

その人の出来ることを見つける。一緒に出来ることをする事が大切」

とのお話がありました。私達がするべきこと…。それは、認知症の方の

行動や言葉を理解し、見守り、支援的態度で、お客様が笑顔で生活で

きるようにサポートしていくことだと改めて感じました。また、出来な

いことに目を向けるのではなく、出来ることに注目し、ちょっとした

手助けで、出来ることを活かす支援を大切にしていきたいと思いました。

研修の最後には、本日発刊されたばかりの「ぽーれぽーれ」と、

認知症サポーターの証「オレンジリング」を頂きました。

今後も、認知症の方な不安な気持ちや言葉や行動を理解していけるよう、

支援していきたいと思います。

 

               米子ヘルスケアつつじ 若槻敦子