おしどり荘 感染症予防に取り組んでいます!

  • 2019年01月30日

 年が明け、いよいよインフルエンザの流行期に突入し、1月23日には

鳥取県下全域にインフルエンザ警報が発令をされました。

おしどり荘では、お客様にも協力をいただき、職員一同、身を引き締めて予防の再徹底を行っています。

 

 

 

 

 

 

 

感染症予防の基本は手洗い、うがい、消毒です。

おしどり荘では、毎年、内部研修会や手洗いチェッカーを用いて基本の確認を行います。

 

 

 

 

 

 

 

また、流行期はケアとケアの間やケア後に手指消毒を徹底しており、

個人で消毒用ボトルをポケットに入れて持ち歩き、常に清潔なケアが行えるよう

努めています。

 

 

 

 

 

 

 

そして、お客様に気持ちよく過ごしていただくため、お部屋や手すり、ソファ、車いすなど

除菌剤での拭き掃除もかかせません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一般的に予防には積極的な水分補給がよいとされています。

職員も業務の合間にしっかりと緑茶を飲むよう申し送っています。

 

 

 

 

 

 

 

これからも、お客様の健康状態に目を配り、早い段階での対応を心がけます。

そして、お客様に安心して過ごしていただけるよう予防策を徹底していきます。

                         

                         おしどり荘 感染予防対策委員会