おしどり荘 消防訓練

  • 2018年07月03日

 6月27日午後より江府消防署様立ち合いのもと火災を想定した訓練を行いました。

厨房付近からの火災を想定し、正面玄関に自衛消防隊本部を設置、職員は
お客様の避難誘導にまわりました。


最後に居室等に取り残された人がいないか最終確認し、報告を行いました。

 江府消防署様より「火災による被害を最小限におさめるためにも
職員同士の声のかけあいが重要です。」と改めて防災の重要性を
確認しました。

 

 その後、消火器を使用し、消火訓練を行い、米子報知器様の指導のもと、
防火機器の取り扱いの仕方を習いました。

 常に火災や地震に備え、すぐに行動できる様消火器の設置場所の確認や
機器の操作が出来るようにしていくことが重要だと感じました。

 

                  おしどり荘 梅津