第6回介護老人保健施設中四国ブロック大会

  • 2012年08月25日

8月24日と25日に島根県松江市の島根県民会館で行われた第6回介護老人保健施設中四国ブロック大会に参加をしました。

第6回介護老人保健施設中四国ブロック大会1

老人保健施設が担う地域包括ケアの役割やリハビリテーションについて、2025年のあるべき老人保健施設の姿、認知症の理解と今後に期待されるケアについての講演を聞きました。

第6回介護老人保健施設中四国ブロック大会2

 

島根県では神話博が開催されていますが、アトラクションとして石見神楽が披露され、迫力ある郷土芸能を堪能しました。

第6回介護老人保健施設中四国ブロック大会3

研究発表では「粉末寒天を用いた便秘緩和への取組」、「褥瘡完治から在宅復帰へ」と題して個別ケアに取組んだ事例を発表しました。 この大会で各施設の発表を聞き、私達も老人保健施設としての役割が果たせるよう、専門職として丁寧に日々のケアに取組むことが重要だと思いました。

 

事業所名 介護老人保健施設おしどり荘