おしどり荘 花まつり

  • 2018年05月15日

5月15日地元の寺院に出かけ、花祭りを楽しみました。

お客様4名と寺院のお孫さんと一緒に阿弥陀さんに甘茶をかけて、

手を合わせました。

 

 

 

 

 

 

住職が作った甘茶をよばれながら、お客様より仏旗の意味や

寺院の前にある掲示板の言葉の意味を

尋ねられ住職が法話を交えて答えていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

掲示板には「籠に乗る人 かつぐ人 そのまたわらじを作る人」と

書かれており、各々人として つながりを持って生きている。

全てが尊いものだという事を話されていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

その後にお客様のご自宅の近くをまわって、公園に向かいました。

お客様は「20年ぶりにここに来た。いろいろまわってもらい、

出かけられてありがたい。」等話されていました。

新緑が眩しい季節を感じる外出となりました。

 

                      おしどり荘 奥田