☆高口光子氏講演会に地元高校生がボランティア力発揮☆

  • 2016年04月28日

4月24日(日)日本海新聞社西部本社において、高口光子先生の講演会を行いました。

この講演会には、地元高校3校12名が講演会の運営補助で関わってくれました。

高校生ボランティア①

講演会は午後からでしたが、朝から職員と一緒に準備をしてくれます。

シール貼り①シール貼り②準備③準備① 準備⑩

準備⑫

そして

お弁当④お弁当⑤

高口先生と一緒にお弁当を食べながら話は弾みます!

「今、学校でどんなこと習ってるの?」

「それぞれ違う学校だから勉強も違うんだね~」

「福祉の実習にこれから行くんですよ~」

「年下の男子ってどう?」

学校の話やら恋の話やら・・・とっても盛り上がりました☆

午後になり講演を聴きに多くの方を迎えました。

ボランティア③ボランティア②ボランティア⑤ボランティア⑧

合計130名の方を迎え講演は始まりました。

「キミの笑顔がお年寄りを元気にする!」

講演会③講演会②

大盛況で終わった講演会。

高校生たちは、「今回はただ補助をするだけと思ってきたつもりだったが、こんなに素晴らしい講演会を聴けてとても良かった」

「受付の時「ありがとう」と言われて嬉しかった」「私はまだ「うちゅうじん」ですが、今日の知識を発揮できるようたくさん学びたい」「実際の介護施設の話を聴けて良かった。より深く関心が持てるようになった」

などなどたくさんの感想を聴かせてくれました。

今回の講演にあたり、鳥取県教育委員会・鳥取県社会福祉協議会の後援をいただき、

また皆様のご協力によって盛大に終えることができました。

何より、一番の力を発揮してくれた、地元高校生のみなさん、本当にありがとうございました。

※写真画像は学校とご本人の許可を得て掲載しています。

関連記事は採用ブログに掲載しています。

採用担当 村上富美恵